最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
勝手にリンク
当ブログはリンクフリーです
ご自由にどうぞ。
相互リンクも大募集中。
アクセスカウンター
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--------(--) --:--:--】 スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識

西尾維新の「戯言シリーズ」の2作目です。

舞台を京都に移し、「ぼく」の大学生活が中心の話となっています。前作のヒロイン玖渚友はほとんど出てきません。かわりに巫女子という女の子が今作でのヒロインです。「ぼく」に思いをよせる巫女子ちゃんとその友人のまわりで起こる事件が中心となって物語が進んで行きます。

今作はシリーズ最高傑作と言われてるだけあって、物語の運び方、思考のミスリード、そして戯言とどれをとっても最高でした。

気持ちよくミスリードにのってしまって、後でどんどんひっくり返されるのは本当に爽快でしたよ。

ただ今作はトリックとかうんぬんより、なんといっても会話劇が素晴らしい。あいかわらず多彩な戯言で返す「ぼく」と今回出てくる登場人物たちの心の動きが面白いです。特に巫女子ちゃんはイイキャラしてます。あの独特の例え方は癖になります^^

戯言の達人の「ぼく」ですが、「ぼく」の考え方に結構共感を持ててしまう自分がちょっと怖い。かなり怖い思考をしてるんですが、心の奥ではなんか親近感を感じてしまいます。それは正直どうなんだろ(苦笑)。

次作の「クビツリハイスクール」を読んだ後だからかもしれませんが、この「クビシメロマンチスト」はライトノベル的な「こんなのありかよ」のバランスがとてもよかったのではないでしょうか。そのおかげですんなりと登場人物達に感情移入できたように思います。

うーん、西尾維新はやっぱいいなぁ。

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 (講談社文庫)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 23685
おすすめ度の平均: 4.5
4 戯言シリーズ2作目
5 最高傑作
4 俺は零崎ってんだ。で、お前は誰よ?
5 戯言
4 本当に酷いのは誰?

【2009-02-07(Sat) 00:41:53】 本・小説 | CM:(2) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |
       

この作者の方の作品は、読んだことはありませんが、画は私の好みです。
機会があれば、ぜひ読んでみたいと思います。
また、お邪魔しま~す。
2009-02-07 土 20:43:39 | URL | masassan #- [ 編集]
面白いライトノベルですので気が向いたら読んで見てくださいね^^
2009-02-08 日 13:53:53 | URL | くまのすけ #qwxxg6EU [ 編集]
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

このブログではおすすめの本やソフトなど管理人が興味を持ったものを徒然なるままに語ります。

最近Rubyを勉強中。

※スパムが多いのでコメントは承認制になっておりますご了承くださいm(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログへ人気ブログランキングへ

Amazon
ここから買ってもいいよって方がいらっしゃればお使いください
月別アーカイブ
RSSリンク
RSSフィードを変更しました

 RSSリーダーで購読


Powered by FeedBurner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。