最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
勝手にリンク
当ブログはリンクフリーです
ご自由にどうぞ。
相互リンクも大募集中。
アクセスカウンター
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--------(--) --:--:--】 スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

Dropboxが凄い!

知っている人には何をいまさらと言われるかもしれませんが、Dropboxが凄い!
自分の中で最近のスマッシュヒットです。

Dropboxとはオンラインストレージサービスなんですが、クライアントソフトをインストールすることによって複数のコンピュータ上でファイルを同期することができるのが特徴です。他のオンラインストレージと同じようにWebブラウザ上からアップロードやダウンロードすることももちろん出来ますよ。

このクライアントソフトをインストールすると「My Dropbox」というフォルダがローカルに作られ、このフォルダにファイルを入れるだけで勝手にオンラインストレージと同期してくれます。同期するためにインターネットに接続する必要はあるわけですが。

ただ、このファイルはローカルにも存在するのでネットが使えない場合でも同期がされないというだけでファイルを使うことは出来ます。まあ今の時代ネットに接続してない状態の方が珍しいですけどね。

それでこの何が便利かというと複数のパソコンを使っている場合、あるファイルを編集したいという時にUSBメモリに入れてあっちのパソコンで編集したり、こっちのパソコンで編集したりするわけですが、どのファイルがどこを編集したものか、最新のファイルはどれか、同期はしたのか、と煩雑になっていろいろ混乱することが多いです。しかもUSBメモリは抜き差しがめんどくさかったり、無くすという危険性もあります。しかし、このDropboxを使えばもうUSBメモリは必要ありません。ネットに接続した段階で勝手に同期してくれているので編集したいファイルを「My Dropbox」というフォルダに入れておけば、どのパソコンでもそのファイルを使うことができるわけです。

さらに、もうひとつ凄い点があります。

それはバックアップ機能です。ファイルを移動、編集したり、削除したりするわけですが、この差分情報を保存してくれます。なので、間違った編集をしてしまった場合や、削除してしまった場合でも任意の状態のファイルを復元することが出来ます。これは凄く助かりますね。

またこのDropboxはいろいろ応用が出来て、例えばofficeやwebブラウザ、メールといったソフトのポータブル版をフォルダに入れておけば、常に同じカスタマイズがされたソフトを使うことが出来たりするのです。

他にも人によっていろいろな使い方が出来るんではないでしょうか。

ちなみに無料版は2GBまでですが、有料版は50GBまで使えます。ビジネスファイルを扱うぶんには2GBで十分でしょう。

以上、最近自分の中でブームが来ているDropboxの紹介でした。

オンラインストレージなのでセキュリティ的にどうなのという部分もなきにしもあらずですが、とりあえず一度使ってみることをオススメします。もう、これなしの生活は考えられなくなりますよ。

関連記事
Dropboxホームページ
Dropboxですべては解決してしまった
こんなデータ同期サービスがほしかった - 『Dropbox』は試す価値アリ!
【2009-01-24(Sat) 19:25:38】 パソコン | CM:(0) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

最近西尾維新という名前をよく聞きます。
そこで私もついに西尾維新に手を出してみることにしました。

いろいろ調べてみた結果「戯言シリーズ」というのが一番有名ということで、「戯言シリーズ」の1作目である「クビキリサイクル」を読みましたよ。

何気にライトノベルを読むのはこれが初めてなのですが「ライト」というのは本当ですね。作者の文章がうまいというのもあるんでしょうが、結構厚い本なのにすぐ読み終わりました。

感想ですが、前半は自分がライトノベルに慣れていないというのもあり、設定の中二病臭さが際だつ印象でしたが、読み進めて行くにつれ作者の言葉遣いや、表現の仕方、登場人物のやりとりがとても面白くてどんどん引き込まれていきました。ストーリーで魅せるというより個性的なキャラ達の会話や言葉遊びみたいなものがこの作者の魅力なのかなという印象です。キャラを立たせるのが本当にうまいなぁと感じました。

表紙がアニメ絵で手にとりづらいですが、いままでこういう本を読んだことなかった人にもおすすめできる一冊ですね。ただし、大げさな二つ名がつくキャラがいっぱい出てくるというキャラ設定に最初で引かないことが前提かな。

まあ戯言だけどね

言ってみたかっただけです、すいませんw

ライトノベルなのでいままで読んでいた小説とはだいぶ違った感じでしたが、文章が本当に面白いのでこれからも西尾維新の作品をいろいろ読んでみたいなと思います。

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社文庫)
西尾 維新
講談社
売り上げランキング: 15931
おすすめ度の平均: 4.5
3 評価が難しい
5 初・戯言
4 戯言シリーズ1作目
5 西尾維新文庫創刊
4 君の意見は完全に間違っているという点に

【2009-01-23(Fri) 09:48:54】 本・小説 | CM:(0) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

3月のライオン

「ハチミツとクローバー」の羽海野チカ先生の最新作。

基本的には少女漫画というのはあまり読まないんですが、ハチミツとクローバーやのだめカンタービレは大好きです。これらの漫画に言えるのはいかにも少女漫画って感じが薄いことじゃないかと思ってます。

絵柄こそいかにも少女漫画な羽海野先生ですが、内容はあまり少女漫画っぽさを感じさせません(色恋にすぐ走るのが少女漫画という偏見を持っているからかも知れません。というより恋愛自体が主題の漫画が多い?)。今回の漫画のテーマは「将棋」で、あきらかに女性をターゲットにしてるとは思えませんしね。だから今度はヤングアニマルで連載してるのかな?ヤングアニマルではむしろ浮く気がしますがw

小さいころ棋士になりたかった(といっても保育園ぐらいの時のことです(笑))私としては将棋漫画というだけで読んでみたくなったんですが、これは将棋を知らない人でも読んでほしい漫画だと思いました。テーマこそ将棋ですが、主人公の零が人との出会いを通していかに成長していくかがこの漫画の本質だと思います。強いけど弱い、弱いけど強い。そんなどこか脆く危うい主人公を書かせたら羽海野先生は天下一品ですね。

思った以上に重い話の漫画なのですが、とても面白いです。また将棋監修をやっている先崎学八段のコラムもあり、うわべでしか知らなかった将棋界の話も非常に興味深い。この漫画はこれからも追っていきたいと思います。

ちなみにハチワンダイバーも私は好きですよ(最近は完全にギャグマンガですがw)

3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ
白泉社
おすすめ度の平均: 4.5
5 偶然の出会いがなければ今頃
5 March comes in like a lion
5 この物語の行く末を見守りたい
5 重い問題を抱えた人たちの暖かな交わり
5 今最も期待してるマンガ

【2009-01-19(Mon) 17:33:56】 漫画・コミック | CM:(0) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |
        前のページ

プロフィール

くまのすけ

このブログではおすすめの本やソフトなど管理人が興味を持ったものを徒然なるままに語ります。

最近Rubyを勉強中。

※スパムが多いのでコメントは承認制になっておりますご了承くださいm(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログへ人気ブログランキングへ

Amazon
ここから買ってもいいよって方がいらっしゃればお使いください
月別アーカイブ
RSSリンク
RSSフィードを変更しました

 RSSリーダーで購読


Powered by FeedBurner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。