最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
勝手にリンク
当ブログはリンクフリーです
ご自由にどうぞ。
相互リンクも大募集中。
アクセスカウンター
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--------(--) --:--:--】 スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

もやしもん 7巻

某農業大学を舞台に、菌を見ることができるという不思議な能力をもつ沢木惣右衛門直保をめぐる農大漫画の第7巻。

フランス編も終わり、舞台は日本に戻ってきました。

早速いつもどおり?長谷川さんが美里と川浜を追いかけてます。
長谷川さんのキャラは本当にいいですねw

そしてどうやら今度の話は味噌・醤油編です。

いやー毎回毎回勉強させられます。普段身近で使ってたり食べたりしてるのに知らないことばかりです。発酵食品の作り方から現在の状況まで幅広く楽しく学ぶことが出来るってだけでもすごいのに、それに加えてもやしもん独特のギャグが相変わらず面白い。長谷川と美里の関係をみんなに茶化されるところはほんとに何度見てもニヤニヤw

あと個人的には美里と川浜が住んでいる寮のメンバーが大好きです。あの寮にありがちな陰鬱とした感じとバカさ加減がよく出ていて非常に親近感がわいてきます。イメージしていた大学生ってこんな感じだよなとか思いますねw

そして謎が多いのももやしもんの面白さですかね。この巻ではその一端が出てきますが樹教授はまだまだいろんなことを隠している感じ。今後が楽しみです。

ところで今回の7巻にも限定版と通常版があるので注意。限定版にはオリゼーが作れるナノブロックとやらがついてきます。買うときはよく本屋で見比べて買うといいですよ。両方買ってもOKですがw

限定版を買ったけど表紙は通常版の方が正直好きだなぁ。

もやしもん 7  限定版  ~nano~
石川 雅之
講談社 (2008-12-22)

もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7)
石川 雅之
講談社 (2008-12-22)
おすすめ度の平均: 5.0
5 面白さと蘊蓄と謎の絶妙バランス
5 及川、ちょっと空回り?
5 味噌

関連記事
もやしもん 1巻
スポンサーサイト
【2008-12-23(Tue) 22:10:31】 漫画・コミック | CM:(0) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

鋼の錬金術師 21巻

鋼の錬金術師ことエドワード・エルリックとその弟アルフォンスが、禁忌を破ったことによって失った自分たちの体をとりもどすために葛藤し奮闘するファンタジー作品の第21巻。

ついに出ましたよ21巻!
もう待ち遠しくてしょうがなかったです。

この巻の作者コメントで

この巻から最終章(のようなもの)開始です。
思えば遠くに来たもんだ。

と荒川先生もおっしゃっているように、いよいよ物語も終わりに向けて進んでいるのが分かります。

東軍と北軍もついに動きだし、合同演習を監視にきたブラッドレイを罠にはめます。思いっきり列車が爆破されてますけど、ブラッドレイのことですからたぶん生きてるんでしょうねw
ただ、少なくとも足止めにはなったはずです。

それに呼応するようにマスタング大佐一味もぞくぞくと集合しクーデターを開始。

一方、エドとウィンリィはリゼンブールで偶然にも再開を果たします。この二人の会話は(・∀・)ニヤニヤしますね。そしてかっこいい(くさい)台詞を残してエド達も戦場へと旅だっていきます。

この後ホーエンハイムのもとに向かったアル達はアルフォンスとも再開するのですが、なんとアルフォンスはプライドに乗っ取られてしまっていたのです!

ホムンクルス達との戦闘がはじまり苦戦しますが、途中でランファンやフーじいさんも合流。なんとかアルフォンスの鎧からプライドを追い出すことに成功します。

そしてホムンクルス達を追い詰めるのですが、なんと今度はプライドがグラトニーを食べてしまいます!どんだけやねん!

パワーアップした様子のプライドを前にエド達はどうするのか、そしてホーエンハイムは!

といったところで次巻に続きます(´・ω・`)
展開がはやくてワクワクしますね。うーん、はやく次巻が出ないかなぁ!

鋼の錬金術師 21 (ガンガンコミックス)
荒川 弘
スクウェア・エニックス (2008-12-22)
おすすめ度の平均: 5.0
5 約束の日に向けて
5 緊迫するバトル、戦慄のラスト
5 おもしろいねー
5 ついに最終章!
5 思えば遠くへ来たもんだ

関連記事
鋼の錬金術師 20巻
【2008-12-23(Tue) 19:26:21】 漫画・コミック | CM:(4) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

ヨルムンガンド

今日はヨルムンガンドを4巻まで読んでみました。

内容を簡単に話すと、武器商人ココ・ヘクマティアルと少年兵ヨナを中心に愉快な仲間が活躍するガンアクション?漫画です。

戦争してる当事者ではなく、そこに武器を供給する武器商人の話というのも珍しくておもしろいのですが、この漫画のおもしろさは武器商人ココと少年兵ヨナの対照性にあると思いました。表情や感情が豊かなココとは違って、ヨナは感情をあまり表に出さずいつも死んだような目をして銃をぶっぱなしている。ココは守られる立場であり、ヨナは少年兵でありながらめっぽう強い。この対照的な2人が織りなす物語というのにとても引き込まれます。

ココがヨナの表情や感情を引きだそうと努力する姿は微笑ましく、ヨナが徐々に心を開いていく様子は見ていてこっちまでうれしくなります。普段は銃を撃ちまくったり、武器を売ったりしているような2人がこのようなことをしているというのも非常に対照的でおもしろい点のひとつかもしれません。

ココとヨナの話ばかりしてきましたが他のメンバーも個性的な登場人物たちが多く、またそれぞれにいろいろな過去をかかえているようです。彼らとココ、ヨナとの関わりがまた話を展開させ面白くしているのだなと感じました。

ココ、ヨナ、そしてその仲間達の過去など、まだ語られない部分も多くこれからがまた非常に楽しみな漫画ですね。

ただ1巻を読んでいたときに気になったのは、状況がよく分からない描写が多いなという点です。私の理解力が乏しいだけかもしれませんが、特にアクションシーンになると今何が起こっているのかよく分からなくなるということがしばしばありました。アクションシーンは動きが激しいので仕方ない面もあると思いますが。巻が進むにつれてそのへんはわかりやすくなっているとも思いますのでそこまで気にすることでもないかもしれません。

全体としてガンアクションや戦争の漫画が好きな人にとてもオススメです。
私はこの手の漫画は本当に大好きですねw

ヨルムンガンド 1 (1) (サンデーGXコミックス)
高橋 慶太郎
小学館
おすすめ度の平均: 3.5
3 雰囲気はクール
5 愉快な武器商人!
5 何となくで買いましたが・・・
2 今後の展開に期待大!
3 狩る者を“狩る”モノ…

【2008-12-17(Wed) 21:15:48】 漫画・コミック | CM:(0) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |
       

プロフィール

くまのすけ

このブログではおすすめの本やソフトなど管理人が興味を持ったものを徒然なるままに語ります。

最近Rubyを勉強中。

※スパムが多いのでコメントは承認制になっておりますご了承くださいm(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログへ人気ブログランキングへ

Amazon
ここから買ってもいいよって方がいらっしゃればお使いください
月別アーカイブ
RSSリンク
RSSフィードを変更しました

 RSSリーダーで購読


Powered by FeedBurner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。