最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
データ取得中...
最近のトラックバック
勝手にリンク
当ブログはリンクフリーです
ご自由にどうぞ。
相互リンクも大募集中。
アクセスカウンター
QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--------(--) --:--:--】 スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

よつばと 10巻

よつばともついに10巻です。

あいかわらず子供の視点をうまく表現してるのは素晴らしい。ホットケーキを焼いてみたり、電気屋さんいってワクワクしたり、嘘をついて怒られたりと自分の子供の頃を思い出します。

これといって何かが起こる漫画ではありませんが、子供の頃のことを子供の頃の視点で見せるというのは本当はなかなか難しいものです。子供の頃なら何も考えず気になっていたものが、大人になると何も気にしなくなりますし、感動もしなくなります。

漫画にはいつか終わりが来るものですが、ずっとこの世界が続けばいいなぁと心の底から思える漫画ですね。

よつばと! 10 (電撃コミックス)
あずま きよひこ
アスキー・メディアワークス (2010-11-27)

スポンサーサイト
【2011-01-23(Sun) 05:26:17】 漫画・コミック | CM:(0) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

スクールランブル

昔読んでたんですけど最近また読み返してます。

こういう勘違いラブコメって本当に大好きです。最近こういうの少なくなったような・・・

高橋留美子作品がなんかでよくある展開なんですけど、勘違いが発端となって人間関係が複雑になっていくところが面白いんですよね。

最後の結末さえちゃんとしてくれたら最高の作品だったんですけどねぇ・・・

School Rumble Vol.1 (少年マガジンコミックス)
小林 尽
講談社
おすすめ度の平均: 4.5
1 ことごとくハズす寒いギャグが厳しい
5 心温まるラブコメ
4 面白いけど、巻を重ねるたびに
1 面白くないです
4 なかなかですね

【2009-12-13(Sun) 09:42:58】 漫画・コミック | CM:(0) | TB:(1) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

BLACK LAGOON 9巻

タイの架空の都市ロアナプラを舞台に、荒事も請け負う運び屋と、いわゆる裏社会に属する組織・人物達が繰り広げるアクション作品の第9巻。

ブラック・ラグーン 9 (サンデーGXコミックス)
広江 礼威
小学館 (2009-10-19)
おすすめ度の平均: 4.5
5 ちょっとクリントイーストウッドっぽい
3 ヤクザ編の方が面白かった
5 復讐編、完結。
5 「善悪の概念なんざクソ食らえ」
5 ロックの苦悩

ついに来た!
9巻ですよ!9巻!
ブラックラグーンは年に1回ぐらいのペースでしか新巻がでないので本当に待ち遠しいですよね。そのせいでブラックラグーンの感想はなぜかいつもハイテンションです(笑)

9巻はついにロベルタ復讐編完結。しかし長かった。実に3巻半もの長編の完結編です。

簡単に感想を書くとしたらみんなキャラ変わりすぎ顔変わりすぎw
別に顔の作画がどうこうって話ではないですよ。みんながみんな顔芸かというぐらいいろんな表情をみせてくれます。それだけこの話が波乱とそれぞれの思惑に満ちた話だったと言えるでしょう。

特にロック。中盤で出てきた時は悪の親玉かよ!って顔してましたw

結末はちょっとご都合主義的な気がしないでもないハッピーエンド?なのですが、まあ面白いのでこのさい気にしないことにしましょう。

そして、あいかわらず戦闘シーンの迫力は素晴らしい。それにしても戦闘の規模がどんどんワールドワイドになっていってる気がしますが、これはどこまでいくんでしょうね?そのうちロアナプラから世界大戦でも始めそうな勢いです。

そして、こっそりと新キャラも出てきて今後の展開がますます楽しみな内容となっておりました。

しかし、なんといっても今回の見所は本性を現したファビオラです。
その内容は実際に9巻でお確かめください!

それでは、また10巻を楽しみにしつつ寝ることにしましょう。

関連記事
BLACK LAGOON 8巻
【2009-10-20(Tue) 00:55:13】 漫画・コミック | CM:(1) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

別冊少年マガジン創刊!

9月9日に別冊少年マガジンが創刊されます。


どういうわけか今日コンビニで手に入ったのでレビューしたいと思います。

別冊少年マガジンで僕が注目していた漫画は以下の3つです。

雷句誠「どうぶつの森」
久米田康司×ヤス「じょしらく」
桜庭コハル「そんな未来はウソである」


正直原作とはいえ久米田先生の漫画が読めるだけで僕的には買いだったのですが、これだけのメンツがそろえばお釣りが来るぐらいです。

それでは以下で全部ではありませんが簡単な感想を。


・PEACH-PIT先生による絶望先生ポスター
キャラは糸色倫です。PEACH-PIT先生らしい繊細な絵で素晴らしい!ただどのキャラか一瞬分からなかったですw

・どうぶつの森(雷句誠)
ギャグと感動を織り交ぜるいつもの雷句漫画といった感じです。「クロカギ」はかっこいいのですが、主人公?のモノコのキャラデザはまだちょっと違和感。感動のシーンがギャグにしか見えなかったり^^;
ガッシュも似たようなもんだったので慣れれば気にならなくなるかも。

・ぷあぷあ?(コンノトヒロ)
貧乏家族の萌えギャグ4コマ。全く注目してなかったのですが、僕的には一番の大ヒットです!面白いよ!なんかよくある設定な気もするけど面白いは正義!この調子を次号も続けてもらいたいです。

・超人学園(石沢庸介)
主人公体質の主人公と悪魔が出会い、タイトルの通り超人達の学園作りを目指す話。絵が非常に好みです。つかみはいい感じなので今後どうなるか注目したいところ。

・そんな未来はウソである(桜庭コハル)
未来が見える少女とウソが見抜ける少女の物語。正直先の展開が読めません。このスタートからどうやって話をふくらましていくのか期待したいと思います。

・進撃の巨人(諫山創)
巨人達に支配された世界で囲われた国に生きる人間の物語。設定は非常に面白そうな漫画です。初期設定が面白いだけに今後の展開で企画倒れにならないかが心配です。あと絵がちょっと微妙かなぁ・・・

・浪漫三重奏(あわ箱)
浪漫部というわけのわからない部活を舞台にしたギャグ漫画。下ネタ多めですが僕は結構好きです。

・じょしらく(久米田康司×ヤス)
落研?を舞台にしたほのぼの系?ギャグ漫画。創刊号は2話掲載。ショートギャグですがところどころで久米田漫画だなぁと思わされます。ネタは面白いですがまだキャラの名前や設定がいっさい出てきてないのでなんともコメントしがたい。2号は表紙掲載らしいので2号から真の1話的な話が始まるのかもしれませんしそうでないのかもしれません。ちなみにヤス先生の作画はばっちりです。全然違和感ありません。次号でどう展開していくのか気になります。


以上いくつか抜粋して感想を書いてみました。抜粋しなかった漫画が面白くなかったというわけではないのですが、いかんせん創刊なので次号の展開を見てみないとなんともいえない漫画が多いです。

しかしギャグ漫画はどれも面白いですね。マガジンのギャグ漫画家って層厚いなぁ。ジャンプに少しぐらい分け(ry

別冊少年マガジン次号の発売日は10月9日です!次号も出来たらまたレビューしたいと思います。
【2009-09-08(Tue) 21:38:35】 漫画・コミック | CM:(0) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |

3月のライオン 3巻

ハチクロでおなじみ羽海野チカ先生の将棋漫画「3月のライオン」の最新巻出ました!

3月のライオン 3 (ジェッツコミックス)
羽海野 チカ
白泉社
おすすめ度の平均: 4.5
5 兄者と坊。
4 だから、この漫画が好きだ!
5 泣きました
5 久々のヒットキャラ野口君(※高2)
5 零ちゃん≧親父達

川本家をこたつに例え、ここにいると今まで平気だった日常がすごく寒いところだったと気づかされてしまうというくだりでは、なんか零の気持ちが本当によくわかる気がしました。自分を強く持ちたいと思っている零、しかしここにいてはそれが揺らいでしまうのではないか不安になり悩んでしまうのです。

そして将棋ではにっくき敵、後藤との再会により激しくやる気を燃やす零。しかし、将棋の世界はそんなに甘いものではなく、後藤と対戦することもなく島田八段に完敗してしまいます。後藤に目がくらみ、自分より格上であるにも関わらず目の前の対戦相手を見ていなかったことに恥ずかしさを感じてしまう。いつもは人一倍大人に見える零がまだまだ子供であることを実感してしまうような話でした。

恥ずかしさにくれてまた落ち込む零。ここで僕がこの巻で一番心に響いた言葉を林田先生が言ってくれます。
「一人じゃどうにもなくなったら誰かに頼れ
 ――でないと実は誰もお前にも頼れないんだ」

なんか何事にも遠慮がちな自分に言われてるような気がして切なくなりました。

そして何事も一人でやりたがる零がついに自分から動き島田八段の開く研究会への参加を決意するところでこの巻は終了。

いやー羽海野先生の漫画も将棋も好きな自分にはたまらない漫画ですなぁ。
そして先崎八段の将棋コラムも必見です。両者入玉にそんなルールがあったとは。

ところで最近幸田香子がかわいすぎるんだけどどうしよう・・・・
何気に一番好きなキャラかも。
【2009-08-15(Sat) 10:43:57】 漫画・コミック | CM:(0) | TB:(0) | このエントリーを含むはてなブックマーク |
        次のページ

プロフィール

このブログではおすすめの本やソフトなど管理人が興味を持ったものを徒然なるままに語ります。

最近Rubyを勉強中。

※スパムが多いのでコメントは承認制になっておりますご了承くださいm(_ _)m

にほんブログ村 漫画ブログへ人気ブログランキングへ

Amazon
ここから買ってもいいよって方がいらっしゃればお使いください
月別アーカイブ
RSSリンク
RSSフィードを変更しました

 RSSリーダーで購読


Powered by FeedBurner

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。